無垢のチーク材の家具

チーク材の家具を探していると、”無垢”のチーク材が使われているというような説明にあたることがあります。

家具の知識があまりない場合は、”無垢”ってよく聞くけど、高価だよなとか、きっといいものなんだろうという印象を受けると思いますが、無垢のチーク材というのはどういうものかご説明したいと思います。

そもそも、昔から使われていた家具は、切り出した木材をそのまま使っていたので、それが無垢の家具になります。

しかし、家具製作の技術があがってきて、低価格化、軽量化を追求していった結果、中の芯材を別にして、まわりにフィルムのように木目を貼って家具を作る製法が確立してきました。

それにより、爆発的に一般家庭で使われるようになったのですが、この製法をフラッシュ製法といいます。

どちらの製法も、一長一短があるので、どちらを選ぶかはその人の価値観によります。

ただ無垢には無垢にしかないぬくもり感と、耐久性があります。それは親から子供へも伝える事ができるもので、長く愛用した家具には、価格以上の価値が備わってくるでしょう。

でも、フラッシュ家具にも、軽量だったり、そりなどが少ないというメリットがあります。年をとってきた時に、扱いやすいのは、フラッシュ家具の方かもしれません。

js_img_whittard

free space