チーク材が家具になるまで

チーク材は、ミャンマーやタイなどいわゆるうっそうとした木々が生い茂る湿潤な気候の季節風熱帯地域で生産されています。高級家具に使われるような材料としては、なるべく樹齢が100年以上といったチークが使われています。

なぜ、チーク材が海水などの浸食に強く、耐久性が非常に高いのかというと、木の中に質の良い油分やタールが多く含まれているからです。このため、製作に使われた釘なども痛みにくくなるようです。

また使えば使う程、なじんでくるのも、この油分のおかげだと思います。灰褐色だった色目が、年月とともにつややかなで鮮やかな金褐色へと変化していくのは、チーク材ならではです。

 

では、チーク材はどのようにして家具用の木材になるのでしょうか。

チーク材が非常に高価なのには、その手間のかかる製法にもあります。

まず、巻き枯らしといって、木を伐採する前に、水分を抜く作業をします。これには、3~5年かかるようです。チーク材の多くは、険しい山に生えているので、人間の手ではなかなか運び出すことができません。

なんと象を使って、なだらかな陸地まで運び出すとのことです。象は大食漢なので、エサ代金がかなりかかるとも聞いたことがあります。

 

このような状況から、本チークはかなり数が減ってしまって、非常に希少価値が高い物になりました。

 

special_teakcare_img7

free space